• Email: info@yoshida.school
  • TEL: 昭島教室 042-840-9550  月曜日~土曜日 15:00~22:00
  • 昭島市にある中学受験,高校受験,大学受験の専門塾

よく,「所得と学力は比例する」とか,「金持ちの子供はいい教育を受けるから勉強が良くできる」などと言われています。実際にはどうでしょうか。それを調べたものが,「保護者に対する調査の結果と学力答等との関係の専門的な分析に関する研究調査」というものがお茶の水女子大学から平成30年3月に発表されています。簡単に述べると,「家庭の所得,父親の学歴,母親の学歴とその子供の学力にはどういった関係があるのか」と言うことを調べてまとめたものです。今回は,この結果をもとに,私自身の経験を踏まえながらお話しようと思います。

どの教科,どの問題においても概ね世帯収入が高いほど子供の学力が高い傾向にあるのは事実ですが,それが高ければ高いほど言い訳ではありません。1500万円以上の世帯より1200~1500万円世帯の方が学力が高い学年もあるのです。しかし,各学年の世帯平均を見ると,200万円未満世帯が点数が最も低く世帯収入が上がるにつれ,点数が上がっていくのも事実です。200万円未満世帯と1500万円以上世帯を比べてみると,20点以上も差が出る教科もあるのです。

注目したい点は,高収入世帯と低収入世帯の中を見てみると,高収入世帯では各生徒の得点のばらつきが小さく,低収入世帯では各生徒の得点のばらつきが大きいのです。ばらつきが大きいとは,低収入世帯の中でも高得点を取る生徒が一定数存在するということです。つまり,収入面で不利な環境を克服し,高い学力を達成することができる生徒がいるということです。ということは,世帯収入の高低から学力の高低を決めることは必ずしも正解ではなく,生徒の学力を上げる因子の一部にすぎないと言うことです。では,生徒の学力を上げる因子には,世帯収入以外にはいったい何があるのでしょうか。

「非認知スキル」をご存知でしょうか。非認知スキルとは,例えば,目標に向かって頑張る力,他の人とうまく関わる力,感情をコントロールする力,いわゆる,自制心,意欲,忍耐力などを指す概念です。一方で,数がわかる,字が書ける,などのようにIQなどで測れる力を「認知スキル」といいます。非認知スキルが学力に大きく影響をすることがわかり,日本では2017年に改訂された学習指導要領に非認知スキルの内容が盛り込まれました。非認知スキルを高めると,学力を押し上げる可能性があることが調査によってわかりました。また,「非認知スキル」と「世帯収入」には相関があまり認められていないことがわかっています。世帯収入が高いから非認知スキルも高いということはなく,世帯収入によらないということです。相対的に世帯収入が低くてても,非認知スキルを向上させることができれば,学力を押し上げる可能性があるということです。

では,具体的に親は子供に何を行えばいいのでしょうか。それは,あまりにも当たり前と言われてしまいますが,なかなかできていない以下の項目です。

「子供の良いところを褒める,自信を持たせる」

「努力の大切さ,最後までやり抜く大切さを伝える」

「毎日朝ご飯を食べさせる」

たったこれだけのことで,非認知スキルが上昇するということです。非認知スキルを高めることが,成績上昇にもつながるのです。他にも,「携帯電話やスマートフォンの使い方についてルールや約束を作っている」「本や新聞を読むように進めている」「子供と呼んだ本の感想を話し合う」など,そんなこと当たり前と言われてしまうようなことができているからこそ,子供の学力が高く,できていないからこそ,子供の学力が低くなるのです。また,家庭の蔵書数を比べても学力に差があります。学力が低い子供の家庭では蔵書数が0~10冊が一番多く,学力が高い子供の家庭では蔵書数が26~100冊が一番多いのです。家庭ですぐに本が読める環境の有無も子供の学力に影響を及ぼすのです。リビングにテレビではなく本棚がある家庭の子供を教えていたことがありますが,やはり成績はよく,知識も豊富でした。

前にお伝えしたように,学力を上げるにはIQを上げるというお話をしました。詳しくはこちらから。 https://yoshida.school/2018/12/23/20181213/

大都市圏にお住いの方は,子供の学力をすぐにでも上げる最高のツールがあるのです。もちろん地方都市にもありますが,東京のそれと比べると,かなりの差があります。それは「博物館・科学館」などの知識を経験に置き換えてくれる最高の場所です。東京だけでも,数多くの博物館・科学館があります。ぜひ,週末は行って,見て,感じて,考えて,経験をしてください。教科書に載っていることが肌で感じられます。学力向上に所得がどうとか,塾に行かせなきゃとか,関係ありません。自分自身で,様々な知識を,肌で感じ考えることが一番重要なことです。本当に子供の学力向上を考えるなら,塾選びや学校選びではなく,まずリビングに本棚を置き,テレビを別の部屋に,そして博物館・科学館に月1回はいく。これだけで,必ず学力が,人間力が上がります。

おすすめ博物館・科学館などを知りたい方,またはもっと詳しくこの内容を知りたい方などは,ぜひ吉田塾の保護者会に参加してください。塾生でなくても参加可能です。お問い合わせお待ちしております。