• Email: info@yoshida.school
  • TEL: 昭島教室 042-840-9550  月曜日~土曜日 15:00~22:00
  • 昭島市にある中学受験,高校受験,大学受験の専門塾

2021年度から学習指導要領が改訂され,2019年に中1になる皆さまは,途轍もなく大変になります。

重要なお知らせです。必ず,お読みになってください

をお読みになってない方は,こちらをまず読んでください。

さて,中学時代が大変になるのはおわかりいただけたと思います。今回は,2019年に中1になる皆さまが高校生になったときのことをお話いたします。

まだまだ先だから大丈夫,なんて思っておられる保護者の方。あっという間にその時は来てしまいます。そんなの知らなかったでは遅いのです。高校進学する2022年度に,高校の学習内容が大きく変わります。「公共」や「歴史総合」,「英語論理」・「英語表現」などの新しい科目が新設されます。また,「理数」という理科と数学が融合した今までにない科目も誕生します。もちろん,数学も理科もあります。保護者の皆さまが高校生の時にはなかった教科が誕生するのです。もちろん,現在高校生の子たちも習わない科目です。時代変化のスピードがどんどん速くなり,今までの常識が数年後には歴史と言われるくらい古くなってしまいます。

また,大学入試も2023年度までは「共通テスト先行実施期間」であり,2019年中1になる皆さんが大学受験を迎える2024年度は「共通テスト本格実施」になるのです。2020年が大学入試改革だ,と言われていますが,本格実施は2024年度なのです。入試も変わる,教科も変わる。6年の間に,たくさんのことが変わってしまう。まさに激動の6年を過ごさなくてはならないのです。

さらに,学校での学び方も大きく変わります。今までのように「先生→生徒」の一方通行の授業ではなく,「先生↔生徒・生徒↔生徒」のような,「主体的・対話的で深い学び」と言われる「アクティブラーニング」が取り入れられるようになります。アクティブラーニングで目指しているのは,グループディスカッションやディベート,グループワークなどを取り入れて生徒が主体となって学習するように仕向けていくことです。

かつては,知識があれば東大でもどこでも合格できました。しかし,これからは「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「学びに向かう力・人間性」の3つを柱とし,それらをバランスよく育てていく方向になります。知識詰込み教育が否定され思考力を鍛える,と言った解釈をする方が多く見受けられますが,それは間違いで,知識も思考も全部大切と言うのが正解です。どれか一つ欠けてもいけないのです。このことを踏まえ,大学入試改革を進めているところです。そして,その大学入試を乗り切れる生徒を学校が集めたいがために,高校入試や中学入試も変化してきました。将来の大学入試を見据えて,今のうち(中学生や小学生)から先ほどの3つの柱を備えてる子を囲い中学や高校で育てていくというようになりました。特に,中学入試は4科(算数・国語・理科・社会)だけでなく,適性検査型や英語入試,最近ではプレゼンテーション入試など,いかに自分をきちんと表現し相手に伝えることができるかを求める入試に変化しています。

先ほどもお伝えいたしましたが,知識を否定し思考力のみを重視ではありません。全部大切なのです。知らないと考えることすらできません。知識不足は思考以前の問題です。これからは,知識を身につけその先を自分で活用していく時代です。未来を生きる子供たちは,知識を身につけ思考力を育み,自ら判断し,実行していくことが要求されます。AIなどの活躍により,単純な作業はすべて機械が行ってくれます。その空いた時間に機械では思いつかないことを実行していく時代になります。

教育改革をマスコミなども取り上げ,いろいろな情報があちらこちらから入ってきて,いったいどうしたらいいのかと不安になる保護者の方が多いと思います。自分たちがやってこなかったことを子供にどのように伝え,どのように導いてあげればいいのか,保護者の方を悩ますことになるでしょう。では,いったいどのようにすればいいのか。答えは保護者の皆さまはすでに持っています。保護者の方が学生時代にやったことを思い出してください。先生や親から何を言われたのか。そう,「基礎が大切」「積み重ねが大切」この2つです。その時代によって教育内容はかわります。しかし,基礎と積み重ねが大切なのはいつの時代もかわりません。教科書の基本問題が大切。毎日コツコツやることが大切。保護者の皆様のご自身のお子様にきちんと伝え指導できると思います。本質は変わらないのです。

お困りの時はぜひご相談ください。いつでも無料相談を受け付けております。保護者の皆様の悩みが,私たちのこれからの重要なテーマになるのです。ですから,いつでも無料で受け付けております。